HOW TO USE

ファシー湯たんぽの
使用方法

ファシー湯たんぽを長く安全にご使用いただくためのご案内です。

湯たんぽとしてご使用の場合

熱湯は入れないで!

沸騰直後の熱湯は避けて、少し冷めてからボトルに入れてください。適温は人により異なりますが40℃~60℃程度が気持ち良い温かさです。

入れるお湯の量はボトルの約半分

お湯がボトルの半量だと体にフィットしやさしい感触が楽しめます。

スクリューキャップをしっかりしめる

キャップの閉め忘れは大きな事故の原因になります。必ずキャップをしっかりと締めてからご使用ください。

お布団に入れるときは汗のかかない温度で

寝ている間に汗をかくと気化熱が体温を奪い、かえって体を冷やしてしまいます。お布団に入れる場合は汗をかかない程度の温度でご使用ください。

ご使用後は乾燥させてください

ご使用になられた後は必ず乾燥させてください。湿気の多い状態で継続使用をされると、カビなどが発生する場合があります。とくにシーズンオフなど長期間ご使用にならない時、確実に乾燥をさせてください。

低温やけどに注意してください

40℃~80℃の熱に長時間触れると低温やけどを起こす場合があります。睡眠中は湯たんぽが肌に触れないようにご注意ください。

皮膚の異変を感じたら医師の診断を

皮膚の発赤やヒリヒリするなど異変を感じたら速やかに使用を中止し、部位を冷やした後、皮膚科の受診をおすすめします。

水まくらとしてご使用の場合

入れる水の量は7分目

ボトルに入れる水の量の目安は7分目。これくらいが頭の位置が安定し、使用時にひんやりとした感触を楽しめます。

水を入れた後、冷蔵庫で冷やしてください

水を入れたボトルを適温になるまで冷蔵庫で冷やしてください。カバーなしのほうが冷え方が速いです。

凍らせないでください

凍らせると破裂する恐れがあります。また、外気温との差で結露が生じることがありますので、使用時はカバーからボトルを出してタオルなどを巻いてご使用ください。

カバーについて

ボトルへの色移り

湯たんぽカバーの濃色がボトル本体に付着している場合がありますが、使用上問題はございません。

色落ち

湯たんぽカバーは摩擦により色落ちをする場合があります。他のものに色が移る場合がありますので、十分ご注意ください。

...
...

湯たんぽを買い替える時期の見分け方

ご使用前に定期的にカバーを外して、ボトルに異常がないか確認をしてください。下記の状態が見られる場合には、ボトルの劣化が進んでいますのでお買い替えをご検討ください。

  • ボトル表面が柔らかくなくなり、バリバリと硬直している。
  • ボトルの色が極度に変色している。(カバーの色がボトルに付着する色移りは問題ありません)
  • ボトルの首の付け根周辺部分に亀裂が生じている。

ファシー湯たんぽご相談窓口

ファシー湯たんぽの使用方法、ボトルの劣化に関するご相談など、ご不明点がございましたらお気軽に下記窓口までお問い合わせください。

〒224-0053 神奈川県横浜市都筑区池辺町3573-1
株式会社三信商会「お客様相談室」

ファシー湯たんぽ専用サポートサイト

ファシー湯たんぽについての取り扱い、保証、アフターサービスなどは、ファシー湯たんぽ専用サポートサイトでも詳しくご説明をしています。

ご注意

  • 商品に添付されている取扱説明書をよくお読みの上、ご使用ください。
  • ボトル本体にはお買い上げ日から2年間の品質保証があります。保証規定につきましては、ご利用ガイドの保証規定をご確認ください。
  • ファシー湯たんぽの輸入・販売をおこなっているのは当社だけではありません。
  • お買い上げ時に当社の取扱説明書・品質保証書が添付されていない場合は、当社が輸入・販売をしたファシー湯たんぽではありません。この場合、当社の保証・アフターサービスを受けることはできません。
campaign

リモートワーク
応援キャンペーン

5,000円以上をお買い上げいただくと、三層式不織布マスク 1箱50枚入りをプレゼント。

詳しく見る